>>小柄向けショッピング同行サービスはこちら

「私に似合う・似合わない」は意外と思い込みのことが多い

自分に似合う服

服を選ぶとき「これは似合わないだろうな~」と思って、試着することさえも諦めてしまうことがあります。

自分の中の「似合う・似合わない」の基準をみなさんお持ちで、似合わないモノは手に取るのもやめてしまいますよね。

 

でも、年齢やその時の髪型、メイクによって「似合う」「似合わない」は変わってきます。

特に、ヘアスタイルは似合う服や似合わない服が変わる一番の要因ではないかなと思うのです。

 

例えば、タートルネックを昔着ていた。でもなんか似合わない気がする・・・と思って、それからタートルネックを着るのをやめたとします。

あれから数年たち、今はヘアスタイルがロングからショートに変わりました。

顔周りがスッキリしたことで、似合わなかったタートルネックが似合うことだってあるのです。

そして素材や色によっても違ってくるし、タートルネックと言っても首元までしっかり生地があるタートルだったりハイネックだったり、オフタートルだったりと、種類もさまざま。

 

 

ファッションレッスンで「その人の思い込み」を外します

お家で試着できるショップ

自分の似合う・似合わないは、なかなか自分では外すことができません

一度「これは似合わない」と思ったら、また同じデザインや色を買う事はないからです。また失敗したら、お金がもったいないですもんね^^

 

でも、レッスンにきてくれた方に「こんな服も絶対似合いますよ」「パステルカラーもパンツに持ってくると、今持っている服とコーディネートしやすいですよ」など、今まで「自分には無理!」と思っていたモノにあえて挑戦してもらうことがあります。

そうすることで「え? これ私にも似合うんだ!」を体験してほしいから。

自分に似合う色やデザインがわかると、買い物がもっと楽しくなる!

今までは見向きもしなかったデザインや色を手に取るようになり「あれ? 今までにない服着てるね~!似合う~」という声を友達からもらえることだってあるんですよ^^♪

 

実際、レッスンにきてくれた方の中には、友達から「そのパンツ、似合うね!ユニクロなんて見えない!」と言われたり、旦那さんから「そういう服もいいね!」と言われたと、嬉しい報告をもらっています。

 

そんな「自分の思い込み」をぜひ外して、毎日クローゼットを開けるのが楽しくなる、そんなお手伝いができたらなと思います!

 

今、開催中のレッスンは「クローゼットのマンネリを救うレッスン」です。

クローゼットのマンネリも、自分にとって「無難なモノ」ばかりを選んでいると起こります。

もちろん、自分が着たくもない服を買うのではなく、自分に似合う服の幅をもっと広げるという意味ですよ^^

1月21日に開催するので、お時間が合う方はぜひお越しください。(残り3席です)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です