身長144cm 管理人のプロフィール

小柄男性におすすめ!AIが採寸してくれるオーダーメイドシャツ【KEI(ケイ)】

Custom order

HappY(ハッピー)

身長165cmと、男性の中では小柄な私の主人。毎日仕事で着るシャツをオーダーメイドで作りました。身長や体重を入力すると、AIが採寸してピッタリサイズを算出してくれる【KEI(ケイ)】を口コミしますよ^^

私のブログは、30~40代の小柄女性に向けて書いているのですが、「子供の身長も低くて」「旦那も身長が低いんです」というお悩み相談をもらうことがあります。

女性だけ向けに書いてきたのですが、考えてみると男性小柄にも同じような悩みがあるのでは? と思い今回は男性向けにこの記事を書いています。

私の主人は身長165cmと小柄ですが、ファッション大好き! 私と違ってプチプラを楽しむのではなく、いいものをメンテナンスしながら長く着たい派です。

そんな主人がネットでYシャツをオーダーメイドで作ったので、その様子を書いてみたいと思います♪

この記事の内容はこんな感じです
  • ピッタリサイズのYシャツを採寸なしで作れる
  • 店舗を構えてないネットショップなのでリーズナブルで高品質
  • 身長が低い男性でも、袖や丈がちょうどいい!ストレスなし
  • 届くまで1か月くらいかかるので、納期が長め

面倒な採寸はもうしない!AIがあなたにピッタリのサイズを教えてくれる

今回、主人がYシャツを作ったのは、AIで採寸をしてくれる『KEI(ケイ)』。

【4,980円~】もうサイズに困らない!メンズYシャツをオーダーメイドしてみた口コミ KEI(ケイ)」で、注文した時の様子を書いたのですが、素人の私たちがYシャツを採寸するのは、正直むり!!

「本当にこのサイズでいいんだろうか?」

と不安がぬぐえません。

KEI(ケイ)では、5,000人以上もの採寸データをもとに、オート採寸をしてくれています。

このオート採寸がめっちゃ優秀!

出来上がったYシャツがあまりにも主人の身体にフィットしていて、二人で感動したのです!

 

 

 

「身長・体重・生まれ年」を入力するだけで、ピッタリサイズが分かるAIがすご!

KEI(ケイ)でYシャツを作るとき、自分のサイズを測る必要はありません。

  • 身長
  • 体重
  • 生まれ年

この3つを入力するだけで、自動的に首回りや着丈、着幅を算出してくれます。

また、サイズを算出してもらうときに「スリム」「スタンダード」と2種類から算出方法を選べます。

自分の好きな着心地の方を選ぶだけでいいので、とっても簡単♪

実際にオーダーメイドしたYシャツが届きました!

オーダーシャツ KEI1

実際に届いたYシャツがこちら。白い箱でしっかり守られて届きました。

Yシャツは薄い袋で汚れないように包まれていました。

オーダーシャツ KEI2

こちらがKEI(ケイ)で注文したYシャツです。

一番安いカスタムオーダーシャツで4,980円から作ることが可能です。

 

オーダーシャツ KEI3

KEI(ケイ)では4,980円から作れるスタンダードな生地から、10,000円を超える上質な生地まで自分の好みで生地の質感を選ぶことができます。

まず試しに作ってみたいという方はスタンダードの方から選ぶのがおすすめ。

我が家は「ナチュラルストレッチツイル」という5,980円の生地を選びました。

 

実際に生地を手に取ってみてみたい! という方は、生地のサンプルを送ってもらうことも可能です。

ここまでのまとめ
  • 身長・体重・生まれ年を入力すれば、自分ピッタリのサイズを算出してくれる
  • 出来上がりを「スリム」「スタンダード」の2種類から選べる
  • 4,980円~カスタムオーダーが可能
  • 実際に生地を手に取りたい人は、サンプルを送ってくれる

着心地を確認!KEI(ケイ)のここがすごい!

オーダーシャツ KEI6

ここからは、KEI(ケイ)のYシャツの作りや、着心地を口コミしていきたいと思います。

上の写真を見てもらうとわかるのですが、ところどころシワが入っています。

シワを強制的に伸ばす糊付けを行わず、届いた瞬間から最上の着心地を体感してもらうためなんだとか。

着心地にこだわって作られているのがよくわかります。

オーダーシャツ KEI5
袖もタックを入れて、動きやすさにこだわる
オーダーシャツ KEI18
左:KEI  右:他ブランド

左の写真がKEIのYシャツ。右の写真が他ブランド(同じくらいの価格)のYシャツです。

KEIのYシャツは、手首周りの袖部分にもタックを入れて、動きやすくなるよう工夫されています。

オーダーシャツ KEI8
傷みやすい所をあらかじめ補強している

これは、シャツの裾部分です。自然と力が加わって傷みやすい所はきちんと補強されているところがさすがですね!

ちなみに、下の写真は同じ値段で買った他のYシャツには、このような補強はありませんでした。

 

オーダーシャツ KEI12
同じ値段で買った別ブランドのYシャツには補強なし

身長165cm54kgの主人がKEIのシャツを着てみたら、ピッタリすぎて驚いた!

オーダーシャツ KEI18
オーダーシャツ KEI9
手の曲げ伸ばしにストレスはない?

身長165cmの小柄な主人が、カスタムオーダーしたシャツを着てみた写真がこちら。

手を伸ばしたり縮めたりしたとき、きつくてストレスにならないかをチェックしてもらいました。

サイズもピッタリで、ストレッチ生地なのもあり、かなり動きやすいようです^^

生地自体に光沢があり、ちょっとラグジュアリーな感じにも見えますね!

オーダーシャツ KEI14
ボタンはぷっくりと厚みがあるので割れにくい

ボタンもぷっくりと厚みがあり、割れにくそう。

ボタンの色や種類も選ぶことが可能。

爽やかな印象になる白ボタンを選んだり、アクセントとなるように茶色のボタンを選んだりと、自分の好みや見せたい印象に合わせてセレクトしましょう。

茶蝶貝や黒水牛、黄水牛などがあり、どのボタンがどんな印象を与えるかも詳しく書かれているので選ぶ時に不安がありません♪

力が加わる箇所は、厚みを持たせて長持ちするような工夫がすごい!

オーダーシャツ KEI15
ボタンが縫われている部分をチェック!
オーダーメイドシャツ リーズナブル

ボタンは毎日つけたり外したりと、力が入りやすい部分でもあります。

そこは生地を織り込んで厚みを持たせ、破れてしまわないような工夫もされていました。

 

オーダーシャツ KEI21
+1,500円でイタリアンボタンダウンにカスタマイズ
オーダーシャツ KEI20

主人はノーネクタイで着ることが多いため、イタリアンカラーにしました。

襟がきれいに立ち上がり、男らしいデザインです。

 

腕の長さも手首ピッタリのジャストサイズで、「これはすごい!」と喜んでいましたよ^^

ここまでのまとめ
  • 動きやすくするため、タックを入れ工夫している
  • 力が加わりやすい部分には補強がしっかりされている(しかもオシャレ)
  • ボタンや襟の形など、カスタマイズしやすい
  • カスタマイズするとき、どんなシチュエーションに向いているデザインなのかが書かれているため、不安にならない

着心地に影響する首裏のタグをつけていないこだわりも。

オーダーメイドYシャツ KEI
ブランドタグは首裏につけていない

着心地にとことんこだわっているなという点は、ここにも。

通常のYシャツには首裏にブランド名タグをつけていることがほとんど。

でもこのブランドタグ「首にチクチク当たって着心地が悪い」という経験、ありますよね。

KEI(ケイ)ではブランドタグは首裏につけず、ウエストあたりにつけることで、首のチクチクするストレスをなくしています。

オーダーシャツ KEI13

実際にKEIのオーダーシャツはどうだった?正直な口コミ

オーダーシャツ KEI1

KEIのYシャツをカスタムオーダーしてみましたが、オート採寸は本当にジャストサイズで不満無し!

肩のサイズや袖の長さ、身体へのフィット感など、かなり大満足!

「このクオリティは、セレクトショップで2万円くらいのシャツを買うのと同じ!」と感動しました!

 

ただ、悪い所が一つもないか、と言えばそうでもありません。

丁寧なぶん、納期が1か月くらいかかるのは、やはり遅めですよね。

「もっと早く!」とも思いますが、タックを入れたり、生地を織り込んで丁寧に作られているYシャツをみると、これだけ日にちがかかるのもしかたないのかな? とも思えてきます。

また、ボタンの留めがしっかりと縫われているので、最初は手首部分のボタンを留めるのが大変そうでした。

利き手のボタンを留めるのはとくに難しそう・・・

ただ、これも何度も着ているとボタンの留めがゆるんできて留めやすくなってきました。

 

緩くなることを見込んで、少し固めにつけられていたのかもしれません。

なぜこんなにいいモノを安くできるのか?

オーダーシャツ KEI3

クオリティーが高いのはよくわかるけれど、どうしてこんなに安く作れるのでしょうか?

それは徹底的に中間流通を省いたから。

自由な発想でものづくりができるように、外部委託をせず自社一貫で生産。

より良いシャツとはなにか?を、日々追求しているからこそ、この価格での提供が可能なんだとか。

 

店舗を構えていないのも大きいかもしれませんね。

店舗を構えると、不動産費や人件費、光熱費などが商品の価格に上乗せされます。

 

インターネットがここまで普及し、対面販売だけが選ばれる手段ではなくなってきました。

お互い顔を合わせないからこそ、安心してお買い物ができるよう、サイトの作りをわかりやすく、そしてメールでのやり取りも丁寧なのだなと私は感じました。

※メールのやり取りが丁寧だと感じたのは、採寸方法を私が間違ってしまったため、何度も確認のメールがあったからです。

AIが採寸する方法ではなく、違う方法で採寸してしまったため、何度もメールをいただき確認してくれました。

体に合わなかった! そんな時は初回のみ無料交換保障がある

「ネットでオーダーするのは、サイズが合わなかったら?と買うのを躊躇する」

そんな声もあるかもしれません。

KEI(ケイ)では初回の注文に限り『無料交換保障』があります。

サイズが合わなければ、無料で交換してくれるのです。

 

自分のサイズに仕立ててくれているのに、それを無料で交換してくれるという保証はなかなか珍しいですよね!

本当にその人に合うYシャツを着て欲しい! そんな想いが伝わってくるサービスだと思います。

KEI(ケイ)でオーダーしたときのメリットとデメリット

メリット
  • オート採寸のクオリティーが高い!身長・体重・生まれ年の入力だけでこのフィット感は感動!
  • 力が加わる部分は、補強をしっかりしてくれている。また、その補強がかなりオシャレ!
  • 一般的なYシャツだと2万円くらいする価格帯が、1万円をきる値段で買える喜び
  • オート採寸を1度すれば、次回からは同じサイズで作ることができる
  • 初回に限り、サイズが合わない場合は無料で交換してくれる
デメリット
  • 納期が約40日と長め(しかしこのクオリティなら納得はする)
  • ボタンの留めがかたい(だんだん緩んでくるので、それを見越して固めにしてあるのだと思う)

カスタムオーダーのYシャツKEI(ケイ)でYシャツを作ってみた感想まとめ

オーダーシャツ KEI21

身長165cm 体重54kgの主人が、カスタムオーダーで自分の身体にフィットするYシャツを作ってみた流れを詳しく口コミしました。

5,000人以上のデータをもとに、自動的に採寸してくれる『オート採寸』は優秀で、身長・体重・生まれ年の3個を入力すれば、すぐにサイズを算出してくれます。

出来上がりを「スリム」「スタンダード」の2種類の着心地から選ぶだけ。

万が一サイズが合わなかった場合、初回のみ無料交換してくれるサービスで、ネットでのお買い物も不安になることがありません^^

クオリティが高く、他で買えば2万円はするであろうYシャツが1万円を着る値段で作れますよ!

身長が低い、高い、太っている、痩せているなど、自分にピッタリのサイズを見つけるのが面倒な人は、ぜひKEIを一度体験してみてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です