身長144cm 管理人のプロフィール

「身長が低くて嫌だ」と思ったとき、勇気をくれる記事がこちらです。

コンプレックスを魅力に替える

小柄が魅力になる。

身長144cmのHappY(ハッピー)です。

 

最近、ブログを書くとき冒頭に「小柄が魅力になる。」と書くようにしています。

自分のコンプレックスだと思っていたことが、実は他の人からみると「それって魅力だよ!」と思われることがあります。

 

もちろん背が低いことで、服探しに苦労したり、パンツの裾を切ったり、お直しに余計なお金がかかったり、高い所に手が届かなかったり、電車のつり革がギリギリ届かなかったりと、それなりに大変なこともあります。(けっこ苦労があるなw)

 

それでも、もう40歳も過ぎてしまったら、身長が10cmも高くなるなんてことは望めません。

だったら、考え方を変えるしかないんです。

 

そこで、「小柄って魅力かも!」と思ってもらえる記事を書きたいと思います。

 

昔の私が望んでいたのは、こんな姿でした

 

ファッション雑誌を眺めては、背が高くて足が長くて、なおかつ顔も綺麗というモデルを羨ましく思っていました。

「いーーーなーーー。身長144cmの私と160cmのこのモデル。

同じ人間として分類するの、間違ってない!?」

 

もし、雑誌に載っているようなモデルを犬で例えると、これではないでしょうか。

コンプレックスを魅力に替える

 

 

カッコいいですよね。

凛としていますよね。

 

 

でも、どんなにこの犬に憧れても、私の生まれ持った身長ではこうにはなれません。

たとえ目指したとしても、きっと中途半端で終わることでしょう。

 

じゃあ、身長の低い私はどんな犬なのか。

考えました。

考えた結果、これです。

コンプレックスを魅力に替える

 

可愛い~~♪

 

「お前、全然こんなんじゃねーよ!!!!」

 

っていう怒りのメールが殺到しそうで、ブルブル震えています・・・

 

極端に2種類にわけるとすれば、どう考えても身長が小さい私は「ドーベルマン」ではなく「ポメラニアン」になると思うのです!

極端に2種類にわけるとすればの話です。

 

反論されるのが怖いので、2回言っておきました。

 

ポメラニアンがドーベルマンを目指すべきでしょうか?

絶対それはいけません!

 

ポメラニアンはポメラニアンの可愛らしさがあるからです。

 

今日からあなたも「私って、ポメラニアンかも♪」と過ごしてみてください。

きっと「小柄は魅力だよね♪」と思えてきますよ^^

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です