「靴」「ボトム」「結婚式」などアイテムや用途別検索はこちら

私はホットヨガを辞めません。なぜならそこには「理想の身体」があるから

ヨガ初心者 体験口コミ

小柄が魅力になる。

身長144cmのHappY(ハッピー)です。

 

毎日机に座って、パソコンを打つ仕事の私。

特に身体を動かすわけではないので、自分でも気付かないうちに肩こりや、目の疲れがひどくなっていることがあります。

 

ダイエットの意味も含めて、運動で身体を伸ばしたいな~と思い、始めたホットヨガ。

ホットヨガをやればやるほど楽しくて、どんなに「行くのが面倒だな」と思っても、行ってしまえば「来てよかった!」「この爽快感がたまらない!」と、リフレッシュして帰ることができます。

 

何より私がホットヨガが好きでたまらない理由は

「そこに理想の身体がある」から。

 

色々な運動をやってきたけれど、これほど「大好き!」と言えるのはホットヨガだけなんです。

他の運動と比べて、どうしてホットヨガが好きなのかを、今日は書いてみたいと思います。

 

 

市のプールに通っていたけど、そもそも泳ぐことが好きではなかった

市が運営しているプールに行っては、泳いで身体を動かしていることがありました。

 

「なんとなく、水泳は全身を使うから身体によさそう」

と思って始めたんですが、よく考えれば私、泳ぐことが好きではなかったんです。

 

一応、子供の頃に水泳を習っていたのでクロールぐらいはできるんですが、ただひたすらコースを泳ぐという事に楽しみを見つけられませんでした。

あと、25mプールの真ん中あたりって深くなってますよね。

真ん中にくると「ここは足が届かない! しんどくてもここは泳ぎきらなければ!」と思うと、極度のプレッシャーがかかるんです(笑)

 

まぁ何にせよ「今日は○メートル泳ぐぞ!」みたいな目標達成が好きではないし、そもそも泳ぐこと自体が好きではなかったので長続きしませんでした。

 

 

市のフィットネス(マシンジム)は、黙々と身体を動かすことに馴染めなかった

フィットネスは苦手

市が運営しているフィットネスジムにも通っていることがありました。

ランニングマシーンや、エアロバイクにまたがり、テレビを見ながら黙々と身体を動かしていました。

 

「しんどーい!」と思っても意識がテレビにいっているので、それなりに頑張れたような気がします。

 

ただ、黙々と一人で身体を動かしていることに私は馴染めませんでした。

機械に乗り、そこで淡々と走る。

ずっと走る。ひたすら走る。

 

私の中でそれが「苦痛」になり、いつの間にか足が遠のいてしまいました。

 

10年以上前の話なので、もう市のフィットネスもだいぶ変わっているのかな?

パーソナルトレーナーみたいに、マンツーマンで理想の身体に近づけるようにレッスンしてくれる人がいれば、気持ちも違っていたのかもしれません。

1人でただ運動するという事がしんどかったのです。

 

音楽に合わせてダンスをする「ジャザサイズ」は、理想の身体がなかった

音楽に合わせて身体を動かすほうが私には向いているとわかり、「ジャザサイズ」を習っていたことがありました。

これがけっこう楽しくて♪

 

その時に流行している音楽に合わせて、ダンスやボクササイズの要素を入れながら身体を動かしていきます。

後半では、ダンベルを使ってさらに身体に負荷をかけていきます。

1時間のジャザサイズで身体からは大量の汗!

 

「音楽」があることで、リズミカルに楽しく動かすことができました。

私が習っていたころは「マルーン5」の音楽がよく流れて、しんどい運動も音楽の力でストレスを半減することができました^^

 

すっごく楽しかったジャザサイズですが、ホットヨガを体験したことでヨガの方にハマってしまい、辞めることにしました。

 

理由は先生の「身体」です。

ジャザサイズとホットヨガの先生の身体を見た時に、私の理想とする身体が「ヨガの先生」だったからなんです。

 

「こんな身体になりたい!」ヨガの先生を見るたびに思うから、ヨガが辞められない

ヨガ初心者 体験口コミ

ヨガでは先生が前に座り、次にとるポーズの見本をやってくれます。

その先生の身体を見るたびに「素敵! 私もヨガを続けたらきっとこんな風になれるよね!」と思わせてくれるのです。

 

先生の身体は柔らかく、しなやか。

お腹は引き締まり、ウエストがキュっと細くなっています。

二の腕は筋肉バリバリではなく、引き締まっているのにどこか柔らかい。

胸も女性らしく谷間が適度にあり、イヤらしくない健康美がそこにあります。

お尻はキュっと上を向いて、小さすぎず大きすぎない、ちょうどいい大きさ。

 

先生を見るたびに「こんな風になりたい!」と強く思えるのです。

 

ヨガをしながら、鏡で自分と先生の身体を見比べて現実を知る

ヨガウェア 小さいサイズ

 

私、ヨガをするときに決めていることがあります。

それは「身体を隠さない」という事。

 

半袖や長袖のウェアーは着ず、ノースリーブまたはタンクトップタイプの二の腕が全部でるタイプのウェアーを着ています。

ヨガスタジオの壁には一面に大きな鏡があるので、自分と先生の二の腕がどれくらいの差があるのかを確認しています。

 

二の腕をしっかり出すことで「ここを理想に近づけたい!」と意識するようにしています。

 

あとは、ウエストが出る「ブラトップ」のウェアーを着るようにしています。

ウエストがキュッと引き締まった先生の身体が大好きなので、ここも隠さず自分のウエストに今、どれくらいお肉がついているのかを戒めてます(笑)

 

 

ポーズが次々と変わっていくのも、飽き性な私にはピッタリだった

先ほど、淡々と泳いだり走ったりするのが好きではないと書きました。

私、同じことをずーっとやり続けることが苦手なんです。

 

ただひたすら走る「マラソン」が苦手でした。

学校で「マラソン大会」ってありませんでしたか?

もう、あれが苦痛で苦痛で(笑)

 

ただ走り続けるよりも、どんな球が飛んでくるかわからない、卓球やバドミントンの方が好きでした^^

 

走り続けているうちに「しんどい、しんどい、しんどい、しんどい」ばかりが頭の中をよぎるんです。

音楽が流れていたり、やることが次々変わったり、予想と違うことが起こったり。

私にはそっちの方が楽しく身体を動かせることがわかりました^^

 

 

ヨガはポーズが変わるから飽きない、そして何より先生の身体が理想だから辞めたくない

仕事に子育てと忙しい毎日を送っていますが、時間を見つけてはホットヨガに通うようにしています。

ポーズが次々と変かするヨガは、同じことをひたすら続ける事が苦手な私にピッタリ!

 

そして何よりも先生の身体が大好きで、いつか私もこんな身体になりたい!という理想の姿がそこにあります。

まだ身体が硬くて思うようにポーズがとれないこともあるけど、周りと比較せず、自分のペースで楽しくホットヨガを続けていきたいと思ってます^^

 

「運動したいけど、何にしよう?」

「ホットヨガってどうなんだろう?」

 

そう思って、この記事にたどり着いてくれたあなたの参考になると嬉しいです^^

 

私が通っているホットヨガスタジオはLAVA(ラバ)です。

今「手ぶら体験0円」のキャンペーンをしているようですが、その時々でキャンペーン内容は変わってきます。

ホットヨガを体験してみたい方は、公式サイトをチェックしてみてくださいね^^

▼LAVA(ラバ)公式サイトはこちら▼


 

2 Comments

アバター こまめ

わかる!わかる!私も理想のからだが思い描いてトレーニングしてますもん♪
しなやかでしまってる・・・想像するだけでヨダレの出そうな・・・( ̄¬ ̄)美味しそうな体!
今停滞期なので、モチベーション下がりっぱなしだった私ですが・・・(  ̄▽ ̄)今日からまた新しいモチベーションで頑張ろ♪

返信する
HappY HappY

こまめさん、コメントありがとうございます♪
やっぱりそこに、理想があるから楽しくできますよね!こんな風になりたい!って目で見て憧れるので好きなんです^^
私も、用事が重なると行けない事が多々あるんですが、それでも時間を作って続けようと思います^^♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です