>>小柄向けショッピング同行サービスはこちら

人気スタイリスト 川上さやかさんの本「おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない」は流行を追いかけるのが苦手な人におすすめ!

オシャレになりたかったら、トレンドは買わない

HappY(ハッピー)

雑誌oggiやBAILA(バイラ)、ファッションブランドのカタログなどで活躍するスタイリスト「川上さやかさん」のファッション本を買ってみました! 「流行したアイテムにすぐ手を出さない!」その理由など、詳しく本のレビューを書いてみたいと思います!

小柄が魅力になる。 身長144cmのHappY(ハッピー)です。

だんだんと歳を重ねるごとに、似合ってた服が似合わなくなったり、なにを着ればいいのわからなくなったり。

「オシャレ迷子」の人も多いのではないでしょうか。

私も身長が低いけれど『可愛らしい』ではなく『かっこいい女性』になりたくて、日々どんな服をコーディネートしようかと迷っています。

身長が低くてファッション雑誌が参考にならない、どんな服を買えばいいのかわからないという声もよく聞きます。

そんな人には、ファッション雑誌を眺めるよりも、スタイリストさんが書いた参考書『ファッション本』を読むのがおすすめ!

私は大好きで、色んなスタイリストさんの本を愛読しています。

今回レビューを書くのは、大手都市銀行に勤めたのち、スタイリストに転職した「川上さやかさん」の

【おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない~誰も教えてくれなかった脱オシャレ迷子のルール56~】

を口コミしたいと思います!

この記事に書かれていること
  • 大人女性は着くずすのをやめる
  • トレンドは買わない
  • 「私はSサイズ」と決めない
  • 小柄がワイドパンツを穿くときは「とろみ素材」にする

おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。 誰も教えてくれなかった脱おしゃれ迷子のルール56

川上さやかさんは身長154cmと小柄なスタイリスト

おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない

川上さやかさんは、身長154cmと小柄な体型。

といっても、私と10cmも身長差がありますw 私の中で、身長150cm以上はうらやましい部類ですw

身長150cmって確かに小柄なんだけど、それ未満の私にとっては「うらやましがられる小柄」です。

人から「小柄で可愛しくていいな~」と言われるのが150cm台。

身長140cm台になると「悩みになる小柄」ですよね。

 

それでも、ファッション業界で仕事をしていくには、相当な小柄なのかもしれませんね^^

こなれ感をだそうと「着くずそう」と頑張るのをやめた

「こなれ感をだす」「着くずす」という言葉を聞いたことがあると思います。

これは、前ボタンを大きく開けて襟を抜いてきたり、大きくダメージが入ったデニムを履いてシャツを着くずして見せるなどです。

でも、大人になったらこういう『着くずす』を積極的にしなくてもいいのでは? と川上さん。

大人女性にとって、着くずすことは「だらしなさ」と紙一重。

自分のキャラと違うことを頑張る必要がないんです。

 

これにはめっちゃ共感しました。

街を歩いていると、上手に着くずしている人とよくすれ違います。

だけど私のように身長144cmしかない人にとって、大きすぎる服を着てダボっと着たり、大きくボタンを開けると、服のバランスが一気におかしくなることがあります。

最近、私も襟を抜くことはほとんどやっていません。

どれくらいの着くずしがいいのかは、年齢によって変わったり、どんな服が好きなのかにもよりますね。

私は『綺麗めカジュアル』にコーディネートが仕上がるようにしているので、大きく着くずすことを辞めました。

トレンドは買わない

オシャレになりたかったら、トレンドは買わない

おしゃれが好きな人ほど流行のアイテムに敏感です。

だけど、流行し始めたばかりのトレンドアイテムには手を出さす、最低1シーズンは見送るのが正解です、と川上さん。

その理由もめっちゃ納得!

流行し始めたデザインは、バランスが目新しくて他のものと合わせにくいからなんだそう。

ガウチョパンツがトレンドで登場したとき、中途半端な丈とボリュームのあるシルエットで、個性が強かったですよね。

「どんな着方をすればいいのだろう?」と悩み、結局着ることのないタンスの肥やしになる可能性が高くなるのだとか。

しかしガウチョパンツも2シーズン目になると、丈が長くなりボリュームが抑えられ、ファッションに詳しくない人でも着やすいアイテムへと変化するのだそう。

 

いや~、確かにガウチョは身長140cm台にとって、めちゃくちゃむずかしいアイテムです。

私、今クローゼットの中にはガウチョパンツはありません。

バランスよく着ようと思うと、どうしても手が遠のいてしまうアイテム。

 

「買ったものの、着る出番がない」をさけるため、トレンドはすぐには買わず定番になってから買うのが正解なんだって^^

これはめっちゃ勉強になりました!

「自分はSサイズ」と決めつけない

オシャレになりたかったら、トレンドは買わない

これ、私を含め多くの小柄さんはやってしまいがちですよね。小柄だと「Sサイズだよね」と思って、Sサイズしか試着しないことがほとんどです。

だけど川上さんは「おしゃれを退化させてしまうので、絶対にやらないで」と書かれています。

今まではジャストフィットするピタピタサイズを選んでいたけど、今ならゆとりがあるものを選びます。

体を泳がせることで、「イマドキ感」「着やせ」も叶います。

ボディラインが出ないゆとりが大切なんだとか。

過去選んでいたTシャツがこちら。

 

おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。

確かにピッタリといえばピッタリですが、古っぽく見えるし、太って見えます。

自分のサイズを決めつけず、適度にゆとりのある服を買うほうが、痩せて見えることがわかります。

 

これには私も反省しました。ついXSサイズやSサイズを見ると、迷わず買ってしまうクセがあります。

Mも試着して、自分がより綺麗に見える方を選び、サイズにとらわれないようにしなくちゃなぁ。

 

P139~は小柄に向けたアドバイスもあり!

おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない

「小柄だから似合わない!と諦めなければならない服はありません

うわぁぁ!

すごい!本当だろうか!?と疑いたくなりますが(笑)

P139からは小柄に向けたアドバイスが約20ページにわたり書かれています。

小柄へのアドバイスで「これ、めっちゃ参考になる!」と思った箇所をピックアップしたいと思います!

小柄が苦手な「ワイドパンツ」はとろみ素材にするべし!

多くの小柄が苦手というアイテムのひとつ「ワイドパンツ」。

川上さんはどちらかと言うとパンツ派なので、ワイドパンツはヘビロテしているアイテムのひとつ。

なぜこんなにも苦手意識があるの? と考えたけど、よく思い返してみるとワイドパンツでたくさん失敗してきたんだとか。

小柄にとって穿きやすいワイドパンツはずばり!

「とろみ素材」のパンツです。

 

ハリのある素材のワイドパンツは、ワイルドなシルエットが目立ってしまって体に対して、パンツの存在感が強くなりすぎてしまうのだそう。

 

これを読んで、私も「は!」としました。

私が愛用しているワイドパンツはGUで購入したプチプラなのですが、このワイドパンツ、めっちゃ穿きやすいのです。

そのパンツも「とろみ素材」です。

「とろみ素材」とは、トロンとした素材で女性を圧倒的に綺麗に見せてくれるアイテム♪

確かにとろみ素材のワイドパンツなら、ワイド感がそこまで目立たなくて穿きやすいのです!

 

おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。まとめ

オシャレになりたかったら、トレンドは買わない

人気スタイリスト、川上さやかさんの「おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。」を読んだ口コミをじっくりと書いてみました。

身長が低くて雑誌が参考にならないという人は、こういうスタイリストさんによる「参考書」のような本の方が、着こなし方法がわかるのでおすすめ!

川上さやかさんは、身長154cmと小柄なので、着こなしの参考になりますよ!

特に本の最後に特集されている「小柄向けのアドバイス」は一度読んでおくと、小柄の良さを活かしてコーディネートできるようになるのでおすすめです♪

 


おしゃれになりたかったら、トレンドは買わない。 誰も教えてくれなかった脱おしゃれ迷子のルール56

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です