小柄コーディネートをインスタで発信中!フォロワー28,000人

大人になるとカジュアルが似合わなくなる理由

カジュアルを大人が着る

身長144cm超小柄スタイリストのHappY(ハッピー)です。

このブログでは、小柄がスタイルアップするためのコツを書いています。

毎日のコーディネートはインスタにアップしているので、ぜひそちらもチェックしてくださいね♪

40歳を超えてくると、今まで似合っていたものが「なんか、似合わなくない!?」と思うことがあります。

不思議なのですが、40歳を境にこんなふうに思う女性が多いような気がします。

私のファッションの先生でもある山本あきこさんの著書にも「これまでの服が似合わなくなったら。40歳、おしゃれの壁を乗り越える!」という本があるように、40歳という年齢で「あれ?似合わないぞ?」と思う女性が多いのかもしれません。

私が特に感じたのは、大人になるにつれて「カジュアル」が似合わなくなってきたように思うのです。

でもカジュアル好きなんですよ。

そこで大人が似合うカジュアルスタイルをするための方法を書いてみたいと思います。

▼山本あきこさんの著書です


これまでの服が似合わなくなったら。 「40歳、おしゃれの壁」を乗り越える! [ 山本あきこ ]

大人になるとカジュアルスタイルに違和感が出てくる理由

大人のカジュアルスタイル

10代20代の子がカジュアルを着ると、本当に可愛いですよね!

娘は12歳なのですが、カジュアルをうまく着こなしています。

お値段の高い服でなくても十分可愛い♪

でも40代に同じ感覚でいると、どうも違和感を感じるのには理由があるのです。

それは「ツヤがなくなる」ということ。

10〜20代の頃は、肌や髪がツヤツヤしていて、パーンっと弾けるような弾力がありました。

目も澄んだような透明感があり、太陽の光を浴びるとキラキラと光るような、そんなツヤ感です。

でも40代になってくると、失われてくるのが、そう!「ツヤ」です。

若い頃には十分にあった肌や髪のツヤが、だんだんと失われ「あれ? カジュアルな服装が似合わない」と気づく原因なのです。

カジュアルな服は洗濯しやすい素材が多い

大人のカジュアル

カジュアルな服って、基本的にバシャバシャと洗える素材の服が多い。春夏ならTシャツ、秋冬ならパーカーとかスウェットとか。

気軽に着れてバシャバシャとおうちで洗濯できるものって「ツヤのない素材」が多いと思うのです。

10代の頃は、自分自身にツヤがあったので洋服でツヤを取り入れる必要はありませんでした。

だけど40代になってくると、自分自身のツヤがないので、カジュアルな服を着ると「あか抜けない・・・」と思えてくるのです。

40代は「ツヤ」のあるモノでカジュアルを綺麗に仕上げる

23区 ウールカシミヤブレンドバルキー エディターズ ニット口コミ
カジュアルな服を着るときは、ネックレスやバングルでツヤをプラス

じゃあ、40代はカジュアルがダメなのかというとそうではありません。

私もカジュアルスタイルが大好きです。

でも、どこかに「ツヤ」をプラスするようにしています。

手っ取り早いのは「アクセサリー」です。

シルバーやゴールドなど、光を放つようなアクセサリーがツヤをプラスしてくれます。

アクセサリーを付けるだけで、カジュアルに綺麗めが加わって「綺麗めカジュアル」になります。

その他にも、トップスをツヤのある生地にしてボトムはデニムにするなど「大人は生地でツヤをプラスする」ことを意識すると、「大人の似合うカジュアル」になりますよ^^

エアークローゼット 届いた服
ツヤのある素材を1つ入れる(この写真ならトップス)
UNLÍENS(アンリアン)
ツヤのあるデニム

「カジュアルが好きだけど、どうもあか抜けない・・・」と感じた時に、アクセサリーや生地で「ツヤを入れる」ことを試してみてください^^♪

追記

このブログを読んだフォロワーさんから、こんなコメントいただきました。

なーるーほーどーでした♪

37歳ですが、髪もトリートメントたまにしてもらい、ツヤが出ると若返った気がしました。

服もそうですね!参考になります♡

確かに!髪にツヤが出ると、若返った気がしますよね♪

アクセサリーでツヤをプラスしたり、ちょっと贅沢にトリートメントで髪にツヤを入れてもいいですね♪

素敵なメッセージをありがとうございました♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。