小柄コーディネートをインスタで発信中!

クローゼットに服が溢れるとオシャレになれない理由

クローゼットを整理する

HappY
HappY

身長144cmの超小柄スタイリストHappY(ハッピー)です。このブログでは小柄がスタイルアップするためのコツやおすすめアイテムを紹介しています。

最近、服を選ぶのが楽しくありませんでした。

いつもなら「何を着ようかな?」とワクワクするのに、全然ワクワクしない。

クローゼットの中を見るのがしんどかったんです。

こんな気持ちで洋服を選ぶので、コーディネートしても気分が上がらない。

「ファッションが楽しくない」「オシャレなんて程遠い」「クローゼットはただの収納でワクワクする気持ちなんて全くない」と思ったら、この記事が役に立つかもしれません。

満員電車に乗って気分が上がる人はいない。渋滞に巻き込まれてワクワクする人はいない

人混み

満員電車に乗ったことがあります。

ユニバーサルスタジオに行きたくて、朝早くの電車に乗ったんです。

ちょうどその時間、通勤や通学時間と重なってしまいました。

人と人とが重なるように押し込まれている電車に、さらに外から押し込むように乗車しました。

電車内の湿気が高く、窓ガラスは曇ってムンムンとした空気が漂う。

背が低いこともあって、息苦しい・・・

電車が揺れると、隣の大きな男性の体重がのしかかってくる。

「この時間の電車は、2度と乗らない!!」とあの日、決意しました。

人混みに行くと疲れてしまう経験、きっと誰しもがあるはずです。

人も物も服も、多すぎると疲れるんですよね。「適量」を超えると疲れる。

私が最近、クローゼットで感じていたのはコレだわ!と思ったのです。

服が多いと「この服、そろそろ着なくちゃ・・・」と気持ちが下がる

整理収納 クローゼット

物や服が多いと、こんな気持ちになることがあります。

「あ〜、最近この服着てないわ。そろそろ着なくちゃね・・・」

この【〇〇しなくちゃ】が私のストレスの原因になっていました。

「この服が着たい!」と思って買った服なのに、いつの間にか「着なくてはならない」に変わる瞬間。

これを見逃してはいけないと思ったのです。

「着なくてはならない」になった瞬間、ファッションを楽しんでいるのではなく「やらなくてはいけない事」になっているからです。

これ、ストレスです!

クローゼットは収納ではなく、自分専用のブティック

綺麗なクローゼット

クローゼットって服を収納するところだけど「収納」と考えるより「自分専用のブティック」な感覚が好き。(最近、ブティックって言うんかな?)

ハンガーとハンガーの間にはちゃんと隙間があって、重なっていない。

今日出かける場所や会う人によって「どの服を着ようかな〜?」と考える楽しい時間。

整理収納アドバイザーの資格を取ってから、モノや服との付き合い方が変わってきました。

いつの間にか欲望のままに服を買いすぎて、自分の適量を超えていたな〜と反省。

クローゼットを見ても楽しくなかった原因がわかりました。

注目

整理収納アドバイザーはユーキャンでも取得可能です。

行動範囲が広ければ、多種多様の服が必要になる。自分の適量を知ることが大切!

人によって服の適量は変わる

住んでいる地域や、職業によって服の所有数が変わってきます。

  • 専業主婦で子供がいる人
  • 雪が多い地域に住んでいる人
  • 講師業をして、人前で話す人
  • 移動はほとんど車の人
  • 都会で電車移動が多い人

人それぞれ生活習慣が違うので、それによって服の所有数も変わってきます。靴も同じですね。

人前で話をする講師業の人は、スーツやパンプスも必要になるでしょう。

専業主婦で子育てしている人は、汚れても気にならない動きやすい服が必要です。

山登りが趣味の人は、変化の多い山の天気に合わせて体温を保てる服が必要になります。

「何枚くらい服を持っているのが適量ですか?」という質問をいただくことがあるけど、これは人それぞれ。

私は春夏秋冬を50着前後で過ごすのが居心地がいいとわかりました。

マンションで収納があまり多くないので、持ちすぎると収納がパンパンになり居心地が悪くなる。

居心地の良いクローゼットを目指して、今日もオシャレを楽しんでいこう!

小柄向け マーメイドスカート 口コミ

服が好きだから、ついつい買ってしまう。

でもその買った服が自分にストレスを与えていました。

どんなに好きな物でも、適量を超えるとしんどくなるんだな〜と改めて感じました。

クローゼットを開けて「今日はどんな服を着ようかな〜♪」とワクワクする時間。

今日からまた、取り戻していきたいと思います!

あなたのクローゼットはどんな様子ですか?

この記事を読んで思ったこと、感じたことをぜひLINE(HappYの公式ラインはこちら)で教えてくださいね♪

※いただいたLINEメッセージは当ブログで紹介させていただくことがあります。(名前は公表しません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。