身長144cm 管理人のプロフィール

「長く着れる服」より「今、たくさん着れる服」を買う方がいい理由とは?

服の買い方

HappY(ハッピー)

昔に比べて生地がどんどんよくなっている現代。10年後さらに20年後にはもっと着心地のいい服が開発されているはずです。 長く着ることよりも、今、たくさん着れる服を買うのが正解です!

よく「長く着れる服を見つけたい」と、ショッピングで生地をしっかりと確かめる人がいます。

毛玉はできやすいだろうか?
首が伸びないだろうか?
長く着れるだろうか?

だけど、買い物をするときには、長く着れるかよりも「今、たくさん着れるか?」を考える方が正解です。

理由1 ベーシックな服も時代に合わせて形が変わっている

40代 デニムコーデ

ベーシックなアイテムとして、流行を追わずに着れるアイテムもあります。

例えば、デニムのそのひとつですよね。いつの時代にもデニムを穿く人がたくさんいます。

そんなデニムでも、時代と共に進化しています。

例えば、腰回り。

ハイライズデニムが今は多いですが、昔はローライズデニムが流行していました。

スキニーデニムもそう。

昔はピタピタでシワがよるくらいのスキニーが当たり前でしたが、今はそこまで身体のラインをひろわないスキニーデニムが主流です。

時代とともに、ファッション業界も形をちょっとずつ変えているので、「長く着れるから」と20年も前の服を着ていると、とたんに老けて見えてしまうのです。

「物持ちがいいね」とは思われるかもしれませんが、「オシャレ」には見えないので要注意です!

理由2 バブル時代に流行した服が、今は着れない それと同じ

バブル時代を知っている人も多いと思います。

私も大人ではなかったけれど、親がどんな服を着ていたかは覚えています。

あの頃は、ブランド物のスーツを母はよく着ていました。肩パッドが入って、がっちりしたヤツです!

ブランド物なので、おそらく生地もイイものを使っていたに違いありません。

でも、今それを着るのは絶対に無理!

今はゆったりとしたシルエットが流行していて、ジャケットもシンプルなモノが多いですよね。

その中で肩パッドの入ったジャケットを羽織るなんて、絶対に時代にそぐわないのです。

どんなにいい生地を使っていても、デザインがひと昔前だと着れない服になってしまうのです。(こういう服がタンスの肥やしになりがちです)

理由3 「値段が高い=毛玉ができにくい」ではない 

ニットの毛玉

「これ、けっこういい値段したのに、毛玉できるの早かったな」という経験ありませんか?

また逆もありで「値段が安かったのに、この服毛玉が全然できない!」ということがあります。

毛玉ができる原因は摩擦です。

服と服がこすれることでできたり、ネックレスがこすれた所に毛玉が多く見られました。

私はクリーニングに出すと値段が高くつくので、家でおしゃれ着洗いで洗っています。もし毛玉ができたら、毛玉取りでさささ~っと取る。

毛玉取りでも取れないくらい毛玉ができてしまったら、それは「しっかり着た」証拠!

ありがとう!といって、捨てています♪

今たくさん着れる服を買い、長く着れたらラッキーな気持ちでいる

服の買い方

モノは使うから意味がありますよね。

ずっと大切にしまっておいても意味がないし、今年1回しか着なかった服も使用頻度が少なくてもったいない。

もちろん、冠婚葬祭の服は「いつか着なくてはいけない」ので今年着なくてもOKなのですが、普段着は「しっかり今着る」という意識をもつのが大切です。

「しっかり着たのに毛玉ができずに、長く着れた! 首が伸びずにTシャツが長く着れた! これはラッキー!」と思う方が私には合っています。

ニットやTシャツを見ただけでは、正直「これ、本当に毛玉ができにくい? 首は伸びない?」が判断しにくい。

 

多少、生地の質感は確かめますが、そこにばかりこだわって、好きな服が見つけられないと時間だけが過ぎて行って、ストレスになることも。

「よし! 今年はこれをしっかり着よう!」と思ってガンガン着る方が、モノをしっかり使ったことになりますよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です