9月26日(日)あなたの魅力を底上げするファッション講座開催

この方法を知ればクローゼットがすぐに片付く!少ない服でとびっきりおしゃれになる方法とは?

整理収納アドバイザー1級試験

「小柄が魅力になる」

身長144cmのHappY(ハッピー)です。

インスタに日々のコーディネートをアップしているので、そちらもチェックしてくださいね^^

さて、今回はクローゼット収納についてです。

スタイリストという仕事をしているのですが、服は少ないものをガンガン着て、循環させることが大切だと思っています。

何度も同じ服を着ればいいし、何度も同じコーディネートをすればいいと思うのです。

1枚で10通りの着回し力なんて、いらないのです。

「着回ししなきゃ」と思うと、「着回しできない自分」がおしゃれではない気がしてくる。

多くの服を持つのではなく、少ない服をとことん着る。

そして、しっかり着たら「ありがとう」と言って捨てる。

本来、モノは使ってナンボ。

使ってないものが溢れるからこそ、捨てるきっかけがないのです。

今回「洋服が溢れかえって捨てられない」という人のために、「これを知れば誰でも洋服が片付く」方法をお伝えしたいと思います♪

合わせて読みたい

クローゼット「着回ししなきゃ」と思っていると「着回しできない自分」が嫌になる。 サスティナブルこれからの時代「服をとっかえひっかえしている人」はダサくなる

「服と向き合いましょう」って意味がわからない

小柄コーディネート

よく整理収納アドバイザーが使う言葉

「モノと向き合いましょう」

「服と向き合いましょう」

これ、正直「意味がわからない」と思うのです。

向き合うってなに?

どゆこと?

そこでこの「服と向き合いましょう」をわかりやすくお伝えします!

服を整理するとき「着る服」「着ない服」「着ないけど捨てられない服」に分ける

整理収納アドバイザー1級試験

私がお勧めする「服との向き合い方」は、クローゼットの服を3種類に分ける方法です。

「着る服」「着ない服」「着ないけど捨てられない服」に分けます。

この3種類があれば、ほぼ全ての服がこの3つのどこかに分類されます。

「着る服」はそのままクローゼットに戻しましょう。

「着ない服」は捨てる、売る、人に譲るというどれかの方法で手放します。

1番厄介なのが

「着ないけど捨てられない服」です。

この服がクローゼットを圧迫する原因ですね。

着ない服なのに捨てられない原因とは?

小柄おすすめショップ

「着ないけど捨てられない」

こういう服って、必ずクローゼットに1枚はあるはず。

捨てられない原因として

  • まだ着れる
  • 高価だった
  • 人からもらった

ということが多いです。

まだ服として着れるけど、実際に着るのは嫌だという服。

高かったから「また着るかも?」と思うと捨てられない。

人からもらった服だから、その人に申し訳なくて捨てられない。

捨てるって、結構勇気がいるんですよね。

「着たくないけど捨てられない服」はビニール袋に入れて保管

ビニール袋

ここで注目して欲しいのは「着たくないけど」という言葉。

本当は着たくないけど、〇〇が理由で捨てられないのです。

そんな時は「服に賞味期限」を決めるのが有効的です。

「着たくないけど捨てられない服」はビニール袋にまとめて入れます。

そして半年後の日付を書いて貼っておきます。

紙に書いた日付が「服の賞味期限」です。

その日になったら、中身は見ずに処分しましょう。

この記事も人気です

クローゼットの収納方法洋服は「生モノ」です。

クローゼットが綺麗になれば、おしゃれになる!

147 デニムレビュー

私は「クローゼットが綺麗になれば、おしゃれになれる」と思っています。

それはなぜか。

クローゼットは服を収納する場所ではなく、服を選ぶ場所だからです。

「今日はどんな服を着よう?」

「どの服なら私を綺麗に見せてくれる?」

そう思いながらクローゼットを開くのです。

服が散乱していると、シワだらけになるし、ヨレヨレの服があったとしても気づきません。

綺麗に整っている服を着るからこそ、自分を美しく見せてくれるのです。

クローゼットを片付けて、私らしいおしゃれを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です